google.com, pub-4979583935785984, DIRECT, f08c47fec0942fa0
top of page
  • Vinicius Monteiro

生命、宇宙、そしてすべて』書評

生命、宇宙、そしてすべて』書評

この文章にはネタバレが含まれる可能性があります。


あらすじ:太古の地球に閉じ込められたアーサーは、変化の望めない単調な生活を送っていた。ついに彼は発狂することを決意するが、そこにフォードが現れ--彼も似たような境遇にあったのだ--一緒にソファに座りながら時空の鎖に乗って脱出することに成功する。


レビュー:最初の2冊では、もっとまとまったプロットがあった。第1巻では、登場人物たちは惑星マグラシアに行き、「根本的な問い」の答えを見つけようとしていたし、第2巻ではヴォーゴンから逃げ、宇宙を創造した男を探そうとしていた。シリーズ第3巻では、他の2作のような説得力のある冒険的なプロットが恋しくなった。


生命、宇宙、そしてすべて』は、読むのが最も複雑だ。つまらないというわけではないが、最初の2冊の面白さに欠けている。この巻はより密度が濃く、より重く、批判はより強いが、より微妙である。


ダグラス・アダムスは前巻まで、風刺的で辛辣なユーモアをふんだんに盛り込んできた。前巻の後、私はもっといいもの、あるいはひねりの効いたもの、かなりクレイジーなものを期待していたのだが、おそらく期待を高めたのがいけなかったのだろう。生命、宇宙、その他すべて』は、よりスローで、ユーモアはほとんどない。


外国人嫌悪、人種差別、不寛容といったテーマがこの本の主な批判点だ。また、この本では時空を超えた旅が多く、少々いらいらさせられたり、混乱させられたりするところもあった。もちろん、これは読む人によって変わってくることだが、私はSFを読むのがあまり好きではないので、自動的についていけなくなる。


とにかく、第3巻は少しがっかりさせられた。批判が多い本であるにもかかわらず、それらはとてもよくできていて、うまく配置されている。要は、このシリーズが好きでないのと同じように、あきらめきれない、私の抱えている問題のようなものだ(笑)。人生、宇宙、そしてすべて」は、今のところ私を失望させた作品だ。


評価:6



本ウェブサイトの公式テキストはポルトガル語(ブラジル)です。翻訳の際に生じた矛盾や相違は拘束力を持たず、コンプライアンスや執行目的での法的効力を持ちません。翻訳サイトに含まれる情報の正確性について疑義が生じた場合は、ポルトガル語版が正式なものであるため、そちらをご参照ください。

Comments


bottom of page