google.com, pub-4979583935785984, DIRECT, f08c47fec0942fa0
top of page
  • Vinicius Monteiro

パニックにならないで

パニックにならないで

この文章にはネタバレが含まれる可能性があります。


あらすじ:物語は、アーサー・デントが道路建設のための取り壊しから家を守ろうとするところから始まる。親友のフォード・プレフェクトは、実はエイリアンなのだが、家を失っても地球は破壊されるから問題ないと説明する。さて、地球は破壊されるが、アーサーとフォードは土壇場で脱出に成功し、宇宙の旅に出る。


レビュー The Hitchhiker's Guide to the Galaxy(銀河ヒッチハイク・ガイド)』は、読書が好きな人や超マニアックな人にとっては、ほとんど「必読書」だ。ダグラス・アダムスによって書かれたこの本は、SFなどにはまっている多くの人の渇きを癒してくれる。


銀河ヒッチハイク・ガイド:パニックになるな』は、私が初めて読んだSFをテーマにした本で、案の定、SFは得意ではない。しかし、この本は悪くない。


宇宙旅行やタイムトラベルなどは好きではないが、本書はこれらのテーマに軽妙なタッチで取り組んでいるので、私には魅力的だった。本書はダイナミックで、科学的なトピックに踏み込んでも、すべてがシンプルに、そして何よりもユーモアたっぷりに説明されている。


この本の語り口はとても簡単で、混乱させるようなSFはここにはなく、ストーリーは軽快でわかりやすい。作者のダグラス・アダムスは、この本を笑わせるつもりで書いている。コメディは、ある人にはうまくいくが、ある人にはうまくいかない。私はそれほど面白いとは思わなかった。


私たちが知っているあらゆることや、私たち人間の生き方に対する風刺は好きだった。でも正直に言うと、この本が「古典」だとは思わないし、惚れ込むこともなかった。テーマがあまり好きでなくても、ダグラス・アダムスのユーモアのおかげで楽しめるだろう。


評価:7



本ウェブサイトの公式テキストはポルトガル語(ブラジル)です。翻訳の際に生じた矛盾や相違は拘束力を持たず、コンプライアンスや執行目的での法的効力を持ちません。翻訳サイトに含まれる情報の正確性について疑義が生じた場合は、ポルトガル語版が正式なものであるため、そちらをご参照ください。

Comentarios


bottom of page