google.com, pub-4979583935785984, DIRECT, f08c47fec0942fa0
top of page
  • Vinicius Monteiro

ウォッチドッグス東京』漫画の最終章が刊行

ウォッチドッグス東京』漫画の最終章が刊行

新潮社のウェブサイト「くらげバンチ」は4月9日、アニメ『プリンセス・プリンシパル』の白戸誠一監督と『ギャングスタ 呪われた砂漠の王女』の加茂修平氏によるマンガ『ウォッチドッグス東京』の最終章を掲載した。トーキョーポップはこのマンガのライセンスを取得し、4月30日に英語版の第1巻を、7月9日に第2巻を出版する。


東京都は、ブルーメ・ジャパンが開発した都市インフラ管理システム「J-ctOS」の導入を決定した。インフラが便利になり、相互接続が容易になったことで、人々の生活は一変した。ブルーメ社の密室の影に潜むものを深く考えなければ、それでいいのだが...。


加茂と白戸は、ユービーアイソフトのゲーム「ウォッチドッグス」を題材にした漫画も2022年4月に「くらげバンチ」のウェブサイトで発表した。同ゲームは2014年5月にMicrosoft Windows、Xbox One、PlayStation 4、Xbox 360、PlayStation 3で全世界同時発売された。続編「ウォッチドッグスII」は2016年、「ウォッチドッグス:レギオン」は2020年に発売された。



本ウェブサイトの公式テキストはポルトガル語(ブラジル)です。翻訳の際に生じた矛盾や相違は拘束力を持たず、コンプライアンスや執行目的での法的効力を持ちません。翻訳サイトに含まれる情報の正確性について疑義が生じた場合は、ポルトガル語版が正式なものであるため、そちらをご参照ください。

Comentários


bottom of page